日焼けは禁止

美容外科やエステでの脱毛の際に、禁止事項がいろいろとありますが、一番いわれることは、絶対に日焼けをしないでくださいということです。
ですから、真夏の脱毛に関しては、細心の注意が必要になります。

脱毛といえば、美容外科などでも行われていますが、これはエステの脱毛とは器械が違います。
美容外科はレーザーが主で、エステは光脱毛が主体です。
この違いはとても大きいです。

どちらも光を使用する点は同じですが、あえていうのなら、美容外科は強い光、エステは弱い光といった違いです。
このような光を発する脱毛で、その光はメラニンに吸収されやすいです。

わかりやすくいうと、光脱毛などは黒いもの、色の濃いものに対する攻撃です。
ですから、黒いものは毛であり、それも長さは短いほうが理想的(脱毛前に剃ってきてくださいといわれるのもこのような理由)、そして、日焼けした肌にも容赦なく攻撃を与えます。

ということは、脱毛をしに、美容外科やエステに行ったのに、脱毛はできたけれど、肌もやけど状態になってしまうことがあります。
ですから、絶対に日焼けの肌にはレーザーや光脱毛をすることができないということになります。

特に、レーザーの強い光に関しては、やけども重症になってしまうことも多いですから、脱毛時に日焼けをしている場合、施術そのものを中止することもあります。
これは一方的な契約違反ではなく、患者の皮膚のことを思っての正当な行為であり、医師としては当たり前の判断です。


≪Recommend Site≫
医療脱毛と呼ばれるレーザー脱毛を行っている新宿の美容外科です・・・医療脱毛 新宿